TEL相談・「近所に犯人が住んでいる」性犯罪から娘を守る方法を大原先生が伝授

今回は、数年前に強制わいせつ未遂事件に巻き込まれた娘が、中学に入り意味がわかり、妹や相談者に当たるようになったという相談。

さらに、その犯人が現在も近所に住んでいるという恐ろしい状況。

大原先生が具体的な方法をアドバイスしてくれます。

放送を音声で聞きたい方はこちらから

スポンサーリンク

今回の相談について

パーソナリティ:加藤諦三

回答者:大原敬子(幼児教育研究)

 

相談者

45歳女性

 

家族構成

46

長女14歳・次女10

 

スポンサーリンク

相談者の状況

 

数年前、14歳の娘が強制わいせつ未遂事件に巻き込まれた。

 

その時は、まだ小学生だったため、意味がわからなかったようだった。

しかし、中学に入って、事件の内容がわかったようで、酷く親を罵ったり、妹を虐めるようになった。

 

親を罵るのは週に1度くらいの頻度。

罵る言葉としては、「あんたなんか何もできないくせに!」とか、「無能な人間だ」と言われる。

妹を虐めるというのは、兄弟げんかの酷いような感じ。

 

事件の時、「お母さん、知らないおじさんに連れていかれた」と、泣いて走って自分で逃げてきた。

なので、すぐに犯人もわかって、逮捕に至った。

 

(加藤諦三:恐怖感とか不安とか驚きという感情は、あなた共有してあげられたわけですね?)

数週間の間は、できたと思います。

 

当時、娘にわいせつという概念は無かったので、「ひとさらいの人に会って、もっと酷い目にあってたかもしれないのに、助かって良かったね」という形で話をしていた。

なので、話し合いが足りなかったかなと思ったりする。

 

また、現在もすごく近い所に、犯人が住んでいる。

先日、相談者が1人で歩いている時に、たまたま犯人とすれ違ってしまい、あまりの衝撃で息ができなくなってしまった。

 

中学の通学路の近くに犯人は住んでいるで、娘も会う可能性もある。

今でも、会ってしまえば娘はその人が犯人だとわかる。

 

犯人は一度逮捕されたが、未遂だったために、執行猶予という形で普通に暮らしている。

 

加藤諦三:

それは、あなた怖かったですよね…。

恐怖の体験というのは、大変長く続くものなんですよ。

長く続くというのは、記憶の中に焼き付いてくるんですよね。

 

普通の子だったら、こんな事ビクッと怖がらないのにな、でも、この子は…

 

あっ、それはあります。

クラスの男の子が怖くなって、学校に行きづらい時もあった。

 

加藤諦三:

でも、それではもう消えないのかというと、そうではない。

少なくとも男の子に対して恐怖の反応をしちゃうんですけれど、それを共有しながら「男の人は怖くないんだよ」と示していく。

 

例えば、男の人が来たらサッと2人で隠れたり、横道に入ってしまう。

こういうような、具体的な行動に表さないほうがいいんです。

 

怖いからといって、怖い行動をすると、その行動が元の動機を強化してしまう。

だから、男の人が来たら怖い!と横道によける事で、さらに怖くなってしまう。

 

恐怖に基づいた行動を、どんどんやめていく事で解放に向かう

 

決して、恐怖の感情を否定してはいけない。「そんな事怖くないよ」ってね。

だけど、同時に恐怖に基づいた行動を具体的にしてはいけない。

 

娘の方は、中2の時に症状が酷かったが、中3になって少し男の子が怖くなくなった。

それまでは、男の子がしゃべりかけてきたら逃げていたが、今では「バカ!」って言い返している。

(加藤諦三:あぁ…良かったですねぇ…。)

 

 

スポンサーリンク

相談内容

14歳の娘が数年前に、強制わいせつ未遂事件にあった。

その時は何もわかっていないようだったが、中学に入り意味がわかり相談者や妹に当たるようになった。

相談者へは「あんたなんか何もできない」「無能な人間だ」と言ってくる。

犯人は現在も近所に住んでいて、相談者は偶然出会ってしまいショックで息が止まってしまった。

このような状況でどう娘に対応したらいいでしょうか。

 

回答者の意見

引用:大原敬子HP

大原敬子(幼児教育研究)

 

今日、不思議だなぁと思った事があったんです。

 

お母さんの心が重いのは、数年前のその事件の時なのに、今になってその心の重さで相談というのが、理解できなかった。

もう一つは、お嬢さんが「あんたなんか何もできない」と言った言葉が理解できなかった。

 

しかし、今わかりました。

お母さまは、観念的に事が起きた事はわかるが、実際に自分が受けていないので、観念的な言葉で子供を慰めたりする。

 

例えば、子供が怖い目にあい、その時に「大丈夫だよ」などと声かけをしている。

本来であれば、その時に「これ、どう対処したらいいんだろう…」って、今日の電話なんです。

 

ところが、数年経って今日の電話が来た。

 

それは、あなたがこの犯人に会って、はじめて「怖い」と思ったから、今日電話したんじゃないんですか?

そうなると、一番大切な時に、このお嬢さんに対処と対応をしていなかったとなりますよね?

それでも、このお嬢さんこんなに強いんですよ。

 

まず、どういう対応をすればいいかを説明します。

「お母さん怖い事があった!」と娘が飛んできて、抱いてあげる。

 

あのね、みんな誰でもあるの。

例えば、お母さんも電車に乗ってね、変な人がお母さんの手を掴んだの。

その時、お母さん「あ!お父さんどこにいるんだろう?!」って大きな声で言ったの。

そしたら、その人手を離したの。

 

追っかけてきた男の人がいたら、「お父さんどこー?あ!あそこにいた!」って、知らないおじさんでいいから、「お父さん!」って行きなさい。

 

学校の帰りに追いかけられている場合は、「助けて!」とは言わずに、知らない人の家に「ただいまー!」って入っていきなさい。

どこの家でもいいから、入っていくんだよ。

 

みんなそういう事があるの。

みんなそうやって、女の子は知恵を覚えていくの。

 

(相談者:はぁ~。具体的な…)

 

もう一つは、「お母さん明日学校の近くに行くんだけど、一緒に帰ろ」とかね。

このように、お母さんとの細かいコミュニケーションが大事だったと私は思うんです。

 

それをしていたら、お嬢さんが「あんたなんか何もできないくせに」とは言わなかったはずなんです。

 

娘さんは、説明ではなくて、具体的な対処が欲しかったんです。

女の子には「この時はこうするのよ、こんな時はこうするのよ」って、教えておくもの。

「かえってよかったね!覚えられて」って教えておく。

 

あなたは近くの警察や交番に、月に1回は行っていますか?

(相談者:行っていません。)

 

対処ってそういう事なんです。

これを4年間行っていれば、違った。

 

子供が、「何があっても、誰かが私を守ってくれる」と思える事をやらないといけない。

それが彼女の言った「あんたなんか何もできない」と、そういう事なんです。

(相談者:「あんたなんか何もできない」というのは、私の転職と関係がある事なんです。)

 

それは、転職を言っているのではない。

(相談者:いや、違います。)

 

あのね、子供が親を責める時というのは、「あなたは私の気持ちがわかりますか?!理解しているの?」と言っているんですよ。

今、言葉を言葉として捉えてしまう親が、多いんですよね。

 

相談者:

いえ、何もできないと言ったのは、ちょうど私の転職の時で、前職がすごくいい職についていたので、それを辞めたため酷い言葉を言ってきた。

同居している祖母がそういう偏見の目が強い人で、そういう事を吹き込まれていて…。

 

あのね、お母さん今私きつく言っているので、責められていると思ったんでしょうね。

今、どんどん話の枝が広がってきて、当初の相談とは違ってきていますよね?

 

そのくらいあなたの心の中が安定しないものがあるんです。

そこに今回の男の人に出会ってしまったという、恐れと恐怖があるわけでしょ?

 

ちょっと、私が言い方変えますね。

責めているように思ったかもしれないけど、あなたとお嬢さんだけの関係で、今日の話は絞りたいんです。

 

その時、お嬢さんには「お母さん、ここを受け入れて欲しかった」という気持ちがあるはずなんです。

お母さんもまだお若いから、そこまでいかなかったというのは確かなんです。

 

お嬢さん自身、心の傷は絶対あると思う。

でも、よくお嬢さんここまで1人で立ち直ったなと思うんです。

 

お嬢さんは、本当は心の奥のものを求めているんです。

でも、今、会話などあまり交流できていないですよね。

 

そうすると、あなたの心が安心する事が一番。

あなたが微動だに動かなければ、お嬢さんはこのままいくと思っているんです。

(相談者:娘はとてもいい方向に向かっていると思います。ちょっとずつ、良くなってる。)

 

今日から、自分がやるべき事をやるのが大事でしょ。

娘さんを買い物ついででもいいので、堂々と迎えに行ったらどうでしょうか。

 

通学路の所に交番はありますか?

(相談者:はい。あります。)

 

1ヶ月に1回は行ってくださいね。

娘さんにも、時々「お花持ってって」などと言って、お母さんのお願いで行かせる事も必要。

 

これは、私が知っている経験であった事なんですけど。

 

月に1回、子供にお花を持たせた。

すると、お巡りさんが子供を見かけると、声をかけてくれるようになる。

 

そのお陰で、自分がなんとなく守られているような気になるし、親の方も心が落ち着いた。

その間に、娘さんも知恵がついた。

 

これは、実際に成功した例です。

 

今日の相談は、娘さんそのものではなく、あなた自身の心の安定。

もう一つは、娘さんの反抗期なんですけど、お母さんもう少し心を読み取るという事。

 

言った言葉は、事実では無いですから。

その心を受け入れる能力があれば、本当に幸せになるんじゃないかと思うんです。

 

 

パーソナリティの意見

引用:毎日新聞

加藤諦三

 

具体的ないいアドバイスを受けましたよね。

お嬢さんが、これからいろんな事で、あなたに対する不満を言ってくる。

 

それは、その事で言っているのではなく、元には未遂事件の恐怖で言いたい事で言えなかった事がある。

(相談者:それは、あると思います。)

 

そういう形で言ってくるかもしれませんけど、それも受け入れてあげるという事だと思います。

 

加藤先生締めのお言葉
人は恐怖の体験から逃れるのは難しいですが、素早く対処する事で乗り越えられます。

 

 

リスナーの意見

犯人が近所に住んでるって、怖すぎる。
未遂だからって執行猶予ってどんな考えだよ。
性犯罪は再犯率高いんだから、ぶち込んでおいてくれ。

うーん。
急にこの相談者、姑の話出してきたり…。
やっぱり、このお母さんの問題のような気がしたな。

めちゃくちゃ役に立つアドバイスじゃないか!
娘を持つ親にとっては、神回です。

てか、旦那は?
旦那さん何しているの?話に出てこないんだけど。

お母さん「いや、違います!」とか。
対処できなかった痛い所をつかれて、話を別の方へ向けてしまう…。

娘に「あの時、お母さんはよくしてくれた」って気持ちがあれば、転職ごときで、母親を責める言葉なんて出てこないと思う。
大原先生はそういう事を言っているのに、批判を恐れて逃げてるようではダメだよ。
お母さん、現実を受け入れないと。

これただの反抗期じゃないの?

ままこの考察

いかがでしたでしょうか。

これは、性犯罪から身を守る知恵を身につけられる神回だと思い、紹介させてもらいました。

 

私も小中学生の時、暗くなってきた道を1人歩いて帰るのは、本当に怖かった記憶があります。

具体的な方法を知っているだけで、心にお守りがあるような、安心した気持ちになりますよね。

 

✔ 知らない人でも「お父さん!」と声をかけて近づいていく。

✔「ただいまー!」と知らない人の家に入っていく。

これら、なるほど~と思ってしまいました。

でも、施錠している家がほとんどだから、家には入れないよね。

 

例え家が施錠されていたとしても、追ってる子が家の敷地内に入っていってしまったら、もう犯人も諦めるのではないでしょうか。

この情報を大人が共有していれば、知らない子が「お母さん!」と自分に駆け寄ってきた時にも、ピンと反応する事ができますね。

 

また、私はこの相談者が急に姑の話を出してきた時、違和感を感じました。

恐らく、私への批判は「娘の事件のせい」と思っていて、「娘の事件の対処を、思うようにできなかった私のせい」とまでは思考がいっていないのかな、という感じ。

 

そして、大原先生が「よく娘さん1人でここまで」と言ってきましたが、もしかしたらお婆ちゃんが心のケアしてくれてたのかな?とも思いました。

相談者の話だと、娘は完全にお婆ちゃん側についているような口ぶりでしたよね。

 

お婆ちゃん側について、実の母に暴言を浴びせるなんて、珍しいケースだと感じました。

だいたい、子供は母親のかたを持つのに…。

 

ここからは完全に想像になりますが、もしかしたら、お婆ちゃんが「大丈夫だよ、かわいそうだったね」と、娘をずっと慰めていたのかもしれません。

この家庭で、嫁姑バトルがなんとなく起こっている事は想像できますが、娘がかたを持つ方こそが、娘の求めているケアをしてくれた人だと。

お婆ちゃんに軍配があがっているのかな…。まぁ、これは勝手な想像になりますけどね。

 

とにかく、大原先生お見事でした。

 

あなたはどう考察しますか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事