辛い出来事を乗り越える過程・グリーフサイクル(悲嘆のプロセス)を解説

グリーフサイクル(悲嘆のプロセス)というのをご存知ですか?

人は受け入れがたい事実に直面した時に、グリーフサイクルの過程を経て立ち直っていくと言われています。

 

つまり、辛い事があっても時が解決してくれるという事。

受け入れるまでの経過がわかるだけでも、心が楽になると思うので、辛い事に直面している人は是非読んでみてください。

 

スポンサーリンク

グリーフサイクル(悲嘆のプロセス)とは?

大切な人の死やペットの死など、受け入れがたい事実に直面した時に、人は「グリーフサイクル」をたどって事実を受容する事ができると言われています。

何らかの「喪失」体験をした時に、グリーフサイクルが起こると言われています。

 

 

この考えは、末期がん患者のカウンセリングを行っていた精神科医のキューブラ・ロスにより提示されたものが元となっています。キューブラー・ロスは末期がん患者が自分の「死」を受け入れる過程を否認、怒り、取引、抑うつ、受容の5段階で表しました。

 

さらにこの考えを元に、精神科医の平山正実氏により「大切な人の死を受け入れる悲嘆のプロセス4段階説」として提示されました。

 

今回は「自分の死の受容」ではなく、「受け入れがたい事実の受容」になるので、こちらの「悲嘆のプロセス4段階説」について詳しく解説していきたいと思います。

 

悲嘆のプロセス4段階
  1.  第1段階:ショック(ストレス)
  2.  第2段階:怒り
  3.  第3段階:抑うつ(承認)
  4.  第4段階:受容

段階ごとに順にご説明致します。

 

第1段階 ショック(ストレス)

第1段階はショックです。

「頭が真っ白」「もう何も考えられない」「嘘だ!そんな信じられない!」こんな感情です。

 

この段階では、冷静に考える事は不可能です。喪失の衝撃が大きく、茫然としてしまいます。

また、ボーっと無感覚になってしまう人も多く、受け入れがたい事実の話題を避けたり、仕事に集中するようにもなります。

 

ショック段階での特徴

涙も出ない

感情が沸かない

何も考える事ができない

混乱状態で頭が回らない

集中できない

簡単な日常生活すら支障をきたす

 

第2段階 怒り

第2段階は怒りです。

受け入れがたい事実を理解しはじめますが、受け止める事はまだできないため感情が不安定になります。

泣いたり怒ったり感情が激しく爆発します。

 

「あのときこうしていれば」「あの人がこうしなければ、こうはならなかった」と後悔や罪の意識が強く現れます。

怒りの段階は、心の痛みを強く感じるフェーズです。

 

怒り段階での特徴

悲しみや怒りなどの感情

責任転嫁や罪悪感などの罪の意識

周囲の人や自分を責める

思い出にふけり現実を認める事ができない

空想と現実の区別がつかない

 

第3段階 抑うつ(承認)

次は抑うつ段階に入ります。

このフェーズでは、事実を受け入れた事により、生きていく事に価値を見出せず無気力な状態になります。

鬱状態、食欲不振、判断力の低下などを招きます。

 

抑うつ段階での特徴

絶望感・空虚感

鬱状態・無表情

あらゆるものの関心を失う

自分は価値のない人間だと思う

外出せず引きこもる

つらい時期ですが、確実に事実を受け入れてきています。

 

第4段階 受容(立ち直り・適応と変化)

第4段階は受容です。

ここまで来れば大丈夫。人は立ち直りへと向かいます。

 

事実を受け入れるようになり、物事を肯定的に考えられるようになります。

他人や社会に対しても積極的にかかわり、周囲との関係を大切にしようと思えます。

ここから、いきいきと生活ができるように変わっていきます。

 

受容段階での特徴

活力が湧いてくる

新しい希望を持つことができる

周囲の人や社会と積極的関わろうとする

現実を認められるようになる

 

スポンサーリンク

立ち直る過程を知れば心が楽に(必ず時が解決してくれる)

大切な人やペットの「死」、自身の病気など。

受け入れがたい事実に直面すると人はパニック状態に陥ります。

 

期間に個人差はありますが、そのパニック状態からさまざまな段階を経て必ず立ち直る事ができます。

それは、死に向かう末期がん患者にも見られる思考の過程なんです。

末期がん患者の受容の段階では、周囲への感謝の気持ちなどに変わります。

死に向かう人もグリーフサイクルを経て最後は心穏やかな気持ちへと到達するんですね。

 

 

今が辛い人も、このグリーフサイクルを経ていつかは心穏やかな気持ちになると頭の隅に入れておいてください。

こういった過程があると知っているだけでも、心が軽くなりますよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

この記事のまとめ

① 大きな喪失体験をすると人はグリーフサイクルという過程を経て立ち直る事ができる

② グリーフサイクルは、ショック→怒り→抑うつ→受容と4段階で構成される

③ 辛い出来事に直面していても、いつかは心穏やかな時が訪れる・時が解決してくれると信じて今を生きましょう

グリーフサイクルについて詳しくしりたい人は、キューブラー・ロスのベストセラー「死ぬ瞬間」をオススメします。

精神科医であるキューブラー・ロスは、長年、末期がん患者が自分の「死」を受け入れるまでのプロセスを近くで見てきました。

 

人生観が高まると評判なので、気になる方は是非読んでみてくださいね。


おすすめの記事